有限会社 三ケ日紙工は、紙製品へのエンボス加工のスペシャリスト!環境にやさしい緩衝材と梱包材料、クッション製品から、無駄なインクを使わない紙素材そのものの美しさを出したエンボス加工紙製品の製造・販売を行っております。

三ヶ日紙工 環境対策について

今現在の環境問題

今現在の環境問題

現在多くのメディアでも叫ばれているように、環境問題は非常に多くの人が関心を持つ問題となっております。
大きく分けると以下のような分類に分けられると考えています。

  • ゴミの処理問題

  • ゴミのリサイクル

  • エネルギー消費の削減
ゴミ処理においては多くの自治体でも分別が徹底されていることで身近な事柄となっておりますが、資源ゴ ミとそうでないものとを完全に分別するということは難しいものです。しかし、「少しだけ」と分別が完全に出来ていない場合もあるかと思います。多くの人が そのような行動を起こすとたとえ最初は小さなものでも積もって大きな問題に発展してしまいます。より効率的で、誰でも実践しやすいリサイクルが出来れば、 無駄なエネルギーや資源を使うことなく、有害なダイオキシンや環境ホルモンなどの出ないような循環がより進むでしょう。
三ヶ日紙工の環境対策の特徴

三ケ日紙工では次の3パターンのタイプの、環境対策を考えた製品を提供しております。

  1. 使用後100%古紙として、リサイクル可能な紙製品

  2. リサイクル資源(古紙など)を用いた梱包・緩衝材

  3. インク等を使わず、エンボスによる美しさを出した紙製品
大まかな特徴としては、三ケ日紙工のエンボス加工による緩衝材はビニール製の梱包材に比べコストがかかることなく、衝撃から梱包物を保護することが出来ます。
そして、梱包から取り出した後も通常の紙製品の資源ゴミとしてのリサイクルが可能です。

今後の環境対策について

今後の環境対策について

今後、日本や国際社会でも環境問題に対する意識がより高まり、CSR(企業の社会的責任)についても問われるようになってくることと思われます。

参考記事 http://www.csrjapan.jp/csr/what/index.html

三ケ日紙工ではそれらの対策を考えた、「より環境に優しい梱包材(緩衝材)・紙製品」をエンボス加工を通して開発していくつもりです。

このページのTOPへ
Copyright (C) 2017 emboss.co.jp All rights reserved.